リー・ハートマン

C型肝炎ウイルス発見へのアメリカ人研究者による貢献は、新しい検査や治療法への道を開き、世界中で何百万人もの命を救いました。10月5日、C型肝炎と闘う取り組みが評価され、2人のアメリカ人が2020年ノーベル医学・生理学賞を受賞しました。

アメリカ人のハーベイ・J・オルター氏とチャールズ・M・ライス氏のC型肝炎ウイルス発見の取り組みは、肝硬変や肝臓がんを引き起こす可能性のあるこの病気の新しい血液検査や治療を可能にしました。両氏は、イギリスの研究者で現在はカナダで研究を行っているマイケル・ホートン氏と同賞を分かち合いました。

これら研究者の取り組みのおかげで、新しい血液検査は、世界の多くの地域で輸血によるC型肝炎ウイルスの拡散を本質的に防ぎ、公衆衛生を地球規模で大幅に改善しました。

「今回の受賞者によるC型肝炎ウイルスの発見は、今も続くウイルス性疾患との闘いにおける画期的な成果」とノーベル会議は述べました。「史上初めてC型肝炎の治癒が可能となり、世界からC型肝炎ウイルスを根絶する期待が高まっています」

C型肝炎と闘うこれら研究者の貢献は、病気と闘うアメリカ医学研究のリーダーシップと成功を象徴しています。アメリカは現在、記録的な速さで世界に新型コロナウイルスワクチンを届けようとしています。

ノーベル賞が最初に授与されたのは1901年で、生理学や医学、物理学、化学、文学、平和などの分野における優れた業績を表彰しています。経済学賞は、アルフレッド・ノーベルを記念してスウェーデン中央銀行が1968年に設立しました。

今年の受賞者12人のうち7人がアメリカから選ばれています。6部門の受賞者は以下のとおりです。

医学・生理学賞

C型肝炎ウイルスの発見

  • ハーベイ・J・オルター 国立衛生研究所(アメリカ・メリーランド州ベセスダ)
  • マイケル・ホートン アルバータ大学(カナダ・エドモントン)
  • チャールズ・M・ライス ロックフェラー大学(アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク)

物理学賞

ブラックホール生成が一般相対性理論の避けられない帰結であることの発見

  • ロジャー・ペンローズ オックスフォード大学(イギリス・オックスフォード)

銀河系の中心にある超巨大質量天体の発見

  • ラインハルト・ゲンツェル カリフォルニア大学バークレー校(アメリカ・カリフォルニア州)およびマックス・プランク宇宙物理学研究所(ドイツ・ガルヒング)
  • アンドレア・ゲズ カリフォルニア大学ロサンゼルス校(アメリカ・カリフォルニア州)

化学賞

ゲノム編集法の開発

  • エマニュエル・シャルパンティエ マックス・プランク感染生物研究所(ドイツ・ベルリン)
  • ジェニファー・A・ダウドナ カリフォルニア大学バークレー校(アメリカ・カリフォルニア州)

文学賞

個人の存在を普遍的なものへと高める、朴訥とした美しさをたたえた比類なき詩的表現

  • ルイーズ・グリュック エール大学ローゼンクランツ・ライター・レジデント・プログラム(アメリカ・コネチカット州ニューヘイブン)

平和賞

飢餓との闘いに尽力してきたこと、紛争影響地域で平和に向けた状況改善に貢献し、飢餓が戦いの道具として利用されないよう推進役となってきたこと

  • 国連世界食糧計画

経済学賞

オークション理論の改善と新しいオークション方式の発明

  • ポール・R・ミルグロム スタンフォード大学(アメリカ・カリフォルニア州スタンフォード)
  • ロバート・B・ウィルソン スタンフォード大学(アメリカ・カリフォルニア州スタンフォード)