アメリカの建国に携わった人々は、独立が祝うべきものであることを知っていた。時の経過とともに独立記念日の祝い方は変化してきたが、7月4日を祝う行事は、アメリカ人の生活にとって、今も重要である。

 実は、独立記念日は7月4日になるはずではなかった。本国・英国の政策に反対する運動が10年以上も続き、独立戦争の最初の戦闘がすでに始まっていた1775年の春、アメリカの13植民地は、フィラデルフィアで開かれた大陸会議にそれぞれの代議員を送った。代議員たちは、本国との関係の断絶について議論を重ねた末に、1776年7月2日、全会一致で独立決議案を可決した。

 翌日、マサチューセッツ代表のジョン・アダムスは、妻に宛てた手紙にこう記している。「この日は、大陸の端から端まで至る所で、華やかなパレードやショー、ゲーム、スポーツを行い、号砲をとどろかせ、鐘を鳴らし、かがり火を焚き、灯りをともして、これからも永遠に祝うべきである」

July 4th fireworks display

ワイオミング州ビッグホーン近郊で打ち上げられる独立記念日の花火 (AP Photo/The Sheridan Press, Lane Hickenbottom)

 大陸会議に出席した代議員の多くは、独立決議案への投票だけでは不十分ではないかと考え、自分たちの決定を世界に向けて説明したいと思った。そこで、重大な独立を決めた投票の2日後、大陸会議は独立宣言を採択し、建国して間もない国の各地に宣言文の複写を配布した。

 独立宣言の日付は7月4日であり、新国家はその日を独立記念日と定めたのである。

 アメリカ人の独立記念日の祝い方は、アダムズが言った通りになった。新国家は独立を実現するために戦ったが、7月4日のお祝いでパレード、コンサート、ディナー、花火を楽しむようになるのに時間はかからなかった。1777年にフィラデルフィアで催された祝賀行事では、英国に味方して戦い、その前年の冬に捕虜となったヘッセン人傭兵の一団が音楽を演奏した。

  独立記念日を祝うパレードは、始まりこそ軍事力の誇示であったが、すぐに民主的な行事になった。1788年にフィラデルフィアで行われたパレードは、馬が引く山車や、衣装に工夫を凝らしたあらゆる職業の労働者が加わり、1.6キロメートル以上も行進が続いた。

 静かになった祝賀行事

 かつてアメリカン大学で図書館司書を務めた、独立記念日の歴史研究家ジェームズ・ハインツェは、アメリカ人の7月4日の祝い方が静かになってきていると言う。彼によると、19世紀の終わりごろまで、独立記念日は「派手で、騒々しい日」であり、幼い少年が鳴らすクラッカーであれ、鉱山労働者が爆発させるダイナマイトであれ、町で午後ずっと鳴り続ける祝砲であれ、騒音はすなわち愛国心の表れとみなされた。

4th of July parade in Virginia

バージニア州フレデリクスバーグでの、独立記念日を祝うパレード。このようなパレードには、コミュニティーを団結させる効果がある (AP Photo/The Free Lance-Star, Robert A. Martin)

 1800年代の独立記念日の大きな特徴は、影響力のある市民が、時には2時間にも及ぶ愛国的な演説をすることだった。ハインツェは「いわば当時の報道イベントだった」と解説する。

 また独立記念日は、米国民が政治に異議を唱える機会としても利用されてきた。米国で南北戦争が始まる数年前から、奴隷反対運動の指導者たちは(通常は7月5日に)集会を開き、アフリカ系アメリカ人にとっては、独立革命が約束した自由がまだ実現していないことを人々に再認識させようとした。ところが南北戦争が始まると、南部の人々は南部連合への忠誠心から7月4日を祝うことを止めてしまった。ハインツェによると、南部の一部では7月4日が再び祝われるようになるまでに35年以上もかかった地域もあった。

 現在でもパレード、ピクニック、隣人が集まるパーティー、野外コンサート、スポーツイベント、夜の花火など、その祝い方は18世紀のアメリカ人とほとんど同じである。政府機関と多くの企業は休業し、一般的に労働者には有給休暇が与えられる。

the Oath of Allegiance

ジョージア州議会議事堂での帰化宣誓式で「忠誠の誓い」を述べ、今まさに米国市民になろうとしている人々 (AP Photo/Atlanta Journal & Constitution, Brand Sanderlin)

7月4日は今も、国に誓いを立てる日だが、それは1776年に独立宣言に署名した人々が、米国の独立を守るために「われわれの生命、財産、そして神聖な名誉をささげる」と誓ったのと同じである。独立記念日には、多くの都市や歴史上有名な場所で、多くの移民が国家に対する忠誠を宣誓し、晴れて米国市民となる。

1776年に独立宣言が採択された独立記念館についての説明を読む男の子。独立記念館があるインディペンデンス国立歴史公園(ペンシルベニア州フィラデルフィア)には、毎年300万人以上の観光客が訪れる (AP Photo/Rusty Kennedy)

1776年に独立宣言が採択された独立記念館についての説明を読む男の子。独立記念館があるインディペンデンス国立歴史公園(ペンシルベニア州フィラデルフィア)には、毎年300万人以上の観光客が訪れる (AP Photo/Rusty Kennedy)