アメリカといえば、スポーツ大国だよね! アメリカでは、スポーツ用語をユーモア溢れる日常会話としてよく使うんだ。日本でも、スポーツに関する表現、例えば「今のはアウトでしょ!」など、スポーツ好きじゃない人でもこういう表現を聞くことがあるはず。今から紹介するフレーズを覚えれば、今日からキミもアメリカンな英語表現を簡単に使えちゃうよ♪

アメリカンフットボールは、世界中で最も注目を浴びているスポーツのひとつ。「スーパーボール」というシーズンのチャンピオンを決める舞台では、年に一度のお祭りのようにアメリカ中が熱狂するんだ! ここでは、アメフト用語を使った英語表現を紹介するよ。

【Blindsided】

プレーヤーが敵陣に切り込む!

Description:
Blindside→予想外の結果が起こること

Example:
“I was blindsided when I realized that the rice ball my friend gave me had a strawberry inside.”
友達がおにぎりくれたんだけど、中の具がイチゴでびっくりしたよ! 

Explanation:
まさかもらったおにぎりの具にイチゴが使われてるなんて、予想できないよね。このように、Blindsidedは、自分が想像できる範囲外の出来事が起こる様を表現する言い回しなんだ♪  アメリカンフットボールの試合中では、自分の死角から相手選手が飛び出して来たときに使われるんだよ!

アメリカの4大スポーツの1つMLBには、たくさんの日本人選手が在籍しているからみんなもよく知ってるよね?ここでは、野球のバットを使った表現を紹介するよ。イチロー選手、田中選手、ダルビッシュ選手もきっと日常生活で使ってるんじゃないかな。 

【Right off the bat】

イチロー選手がヒットを打つ瞬間 

Description:
Right off the bat→すぐに、まさに 

Example:
"When I turned on the TV to watch something relaxing, a horror movie came on right off the bat."
リラックスしようと思ってテレビをつけたら、ホラー映画がいきなりはじまった!

Explanation:
Immediatelyと同じ意味で使われることが多いかな。何かあった後、自分の意思とは無関係にすぐに何かが起こる様子を表すんだ。ここでは、”テレビをつけた後、(すぐに)見たくもない内容が放送される”ことを意味しているよ♪ 

数あるスポーツの中でも、伝統があり日本でも人気の競馬。駆け引きや、一瞬の判断が勝利を呼び込むスリルがあり、16世紀にイギリスで開催されてから400年以上もの歴史があるスポーツなんだ♪

【Down to the wire】

 二頭の競走馬が最後の直線を駆け抜ける

Description:
Down to the wire→最後の最後まで、時間が少なくなっている様子 

Example:
“I’m getting down to the wire on my assignment. I need to finish it within an hour!”
最終課題の提出期限が迫ってきてるよ。1時間以内に終わらせないと。。

 Explanation:
Down to the wireは、競馬で例えるならレースの終盤からゴールラインを切るまで何が起こるか分からないギリギリの状態を表している。この例文では、提出期限がすぐそこまで迫っている”ギリギリの状態”を表しているんだね♪

海外でもボクシングはとても人気のあるスポーツ。アメリカ出身のフロイド・メイウェザーJr選手は世界5階級タイトル制覇を達成して、世界のスポーツ選手年俸ランキングで1位を獲得したこともあるんだよ!

【Roll with the punches】

ボクサーが相手に一発をかますシーン
Description:
Roll with the punches→うまく対処する、柔軟に対応する

Example:
“An important thing to keep in mind while traveling is to roll with the punches no matter what happens.”
自分に何が起きても柔軟に対処できるかどうかということが、旅をする上で大切だよ。

 Explanation:
”柔軟に対処する”というフレーズは、日本でも頻繁に使うよね! 英語では、being flexible という表現で聞くことが多いかもしれないね。でも、Roll with the punchesの表現を使うことで、困難に負けず何かを続けていく意思を表すことができるんだよ。このフレーズを覚えて、”I’m good at rolling with the punches!” なんて自然に言えたら、アメリカ人が君の流暢なアメリカン英語にびっくりするかも!