芸術・文化

ホリデーシーズンを祝うホワイトハウスの飾りつけ

Dec 18, 2018
★★★

ローレン・モンセン

メラニア・トランプ大統領夫人がデザインしたクリスマスの飾りつけがホワイトハウスで公開されました。色とりどりの愛国的なテーマで、米国の伝統をたたえています。

12月中にホワイトハウスは、100回以上のオープンハウスと、数多くのレセプションを行います。また、3万人以上が見学ツアーでホワイトハウスを訪れます。

ホワイトハウスの東棟でゲストが目にするのは、戦没者遺族によって飾られたゴールド・スター・ファミリーのツリーです。これは、国のために命を犠牲にした米軍兵士に敬意を表するものです。ゲストはタブレットPCを使い、海外に駐留する最愛の家族や友人たちにメッセージを書くことができます。

ホワイトハウスの柱列を背景に光り輝くゴールド・スター・ツリー (© Leah Mills/Reuters) 

ホワイトハウスの柱列を背景に光り輝くゴールド・スター・ツリー (© Leah Mills/Reuters)

イーストルームの飾りつけは、アメリカの建築やデザインの多様性と独創性に敬意を表しています。そこでは、ニューヨーク、セントルイス、シカゴ、サンフランシスコの街の様子を描いた特注のマントルピースが飾られています。

イーストルームのツリーに飾られたクリスマスオーナメント。南西部および山間西部の各州の自然や建築がモチーフ (© Carolyn Kaster/AP Images)

イーストルームのツリーに飾られたクリスマスオーナメント。南西部および山間西部の各州の自然や建築がモチーフ (© Carolyn Kaster/AP Images)

建物東側のコロネードには、勇敢さと愛国心を象徴する鮮やかな赤のトピアリーツリーが並びます。

建物東側のコロネードに並ぶツリーの鮮やかな赤は、アメリカ国旗の赤を象徴している (© Carolyn Kaster/AP Images)

建物東側のコロネードに並ぶツリーの鮮やかな赤は、アメリカ国旗の赤を象徴している (© Carolyn Kaster/AP Images)

ジンジャーブレッドはホワイトハウスのクリスマスに不可欠です。2018年のバージョンは、ナショナル・モール、議会議事堂、リンカーン記念堂、ジェファーソン記念堂、ワシントン記念塔、そしてホワイトハウスのミニチュアが一面に並びます。

ステートダイニングルームに飾られたジンジャーブレッドハウス。砂糖などから作られる (© Carolyn Kaster/AP Images)

ステートダイニングルームに飾られたジンジャーブレッドハウス。砂糖などから作られる (© Carolyn Kaster/AP Images)

下の写真は、ブルールームに飾られたホワイトハウスの公式クリスマスツリーです。ブルーベルベットのリボンには、各州と海外領土の地名がゴールドの刺繍で入っています。

ブルールームに飾られれたホワイトハウスの公式クリスマスツリー。高さ約6メートル (© Carolyn Kaster/AP Images)

ブルールームに飾られれたホワイトハウスの公式クリスマスツリー。高さ約6メートル (© Carolyn Kaster/AP Images)

メラニア・トランプ大統領夫人は話します。「クリスマスシーズンに向けてホワイトハウスの飾りつけをするのは、1年の中でも楽しい季節です。私たちの飾りつけのテーマは、アメリカ国民の心と精神をたたえるものです。一家を代表して、すべての方が楽しいクリスマスを過ごし、素晴らしい新年を迎えることを祈っています」

TOPICS

RELATED

COMMENTS0

LEAVE A COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です