Editors' Picks 教育・留学

豆夢が教える♪【アメリカ人のように話してみない?】シリーズ第34弾 “Bird Idioms”

Jul 17, 2019
★★★

今回は鳥に関するイディオムを紹介します。鳥の特徴をうまく捉えているものは、意味が分かると「あ〜なるほど!」って思うんじゃないかな。でも、ちょっと失礼な言い回しもあるから、使うときはTPOを考えてね。場合によっては、鳥がクチバシでつつくみたい責められちゃうかも★

As proud as a peacock

Definition: 傲慢な、得意満面で

Example: "He is proud as a peacock of his job. He works for a very big bank and earns a lot of money."

彼は自分の仕事を大変誇りに思っている。というのも、メガバンクに勤めて稼ぎまくってるからなんだ。

Explanation: 「Peacock」は孔雀のこと。孔雀の性格はとても凶暴で、オスを同じ場所で飼育すると喧嘩してしまうほど。そこから分かるように、自己顕示欲が強い傲慢な場合に使われる表現なんだ。孔雀みたいに羽を伸ばしすぎる態度は良くないよね。誰かにこの表現を使われたら、自分の言動を振り返ってみたほうがいいかも。

(Shutterstock)

(Shutterstock)

As the crow flies

Definition: 最短距離で、一直線に

Example: "As the crow flies, it is about six kilometers between my house and downtown."

最短距離だと家から街までだいたい6キロだよ。

Explanation: 「Crow」は知っての通りカラス。このイディオムは、カラスが空を何者にも邪魔されずに飛ぶ様からきているんだ。地図で目的地までの距離を調べることは多いはず。そんな時に「as the crow flies」って言ってみると、ネイティブっぽくてカッコいいかもね★

(Shutterstock)

(Shutterstock)

Bird brain

Definition: 間抜け、頭の弱い人

Example: "The man is a bird brain and he always makes mistakes at work."

あの男性は間抜けで、仕事でミスばっかりする。

Explanation: 鳥の脳が小さいというところから、何回話をしても分かってくれない人や、思考能力に欠けている人のことを指すんだ。でも、いくら仲のいい間柄でも、使うときは気をつけて!「Bird brain」って言われて気分のいい人なんていないからね。

Chicken feed

Definition: はした金、つまらないもの

Example: "The amount of money that I spent last night was chicken feed and I am not worried about it at all."

私が昨夜使ったお金はごくわずかです。だから何とも思ってませんよ。

Explanation: 「Chicken」が使われているけれど、「スズメの涙ほど」っていう訳がぴったりなのがこの表現♪ 鶏のエサがわずかなことから、少ないことやつまらないものという意味になるんだ。かなりくだけた言い方だから、親しい友達との間でぜひ使ってみて!

(Shutterstock)

(Shutterstock)

For the birds

Definition: つまらない、くだらない

Example: "The movie was for the birds so we left early and went to a restaurant."

その映画はつまらなかったから、すぐに出てレストランに行ったんだ。

Explanation: この表現も、上の「chicken feed」と同じ由来で、鳥の食べるエサがほんのちょっぴりであるところから来てるんだ。そこから、「つまらない」とか、「重要ではない」という意味で使われるようになったんだ。鳥には失礼なイディオムだよね。カラスみたいに賢い鳥が聞いたら怒っちゃうかも☆

TOPICS

RELATED

COMMENTS0

LEAVE A COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です